墨田区の特徴は?整形外科の役割

subpage01

墨田区は、東京東部に位置する特別区の一つで23区東部に区分されています。



西の区境には隅田川が、東の区境には荒川と中川があり、水の郷百選にも選ばれている河川に挟まれた町としても有名です。また、全国的にこの地域を有名にしている存在としては東京スカイツリーやアサヒビール本社の存在があります。

墨田区の人口の推移に関しては、一時期は人口の減少傾向にあった問題を、工場の跡地にマンションを建てるなどの開発が進められ、2000年以降は増加傾向に回復しています。また、墨田区は大企業の製造メーカーをはじめ鉄道会社や有名企業などの企業が多数会社を構えている場所でもあります。
その為に区外からの通勤者や通学生が昼間に残留する昼間人口は夜の数字を上回っています。また、この区は両国国技館があることでも有名です。


日本の国技でもある相撲が盛んにおこなわれている地域の一つでもあります。

朝日新聞デジタル情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

墨田区の高齢者人口は年々増加しており、75歳以上の後期高齢者人口の増加が顕著になっています。


高齢者が多いこの地域においては、高齢者の日常生活を支えるサービスの充実や高齢者の健康を支える医療機関の充実が求められています。
高齢者をはじめ、相撲などの競技を行うスポーツ選手にとっても整形外科の存在は非常に重要です。スポーツ選手はどうしても怪我が多くなるため、その治療やリハビリで整形外科に通う機会が少なくありません。
高齢者は年齢とともに衰えてくる身体機能の回復や歳と共に表れてくる膝や腰の痛みなどに対しての治療やリハビリが必要になります。


墨田区には数多くの整形外科が存在しています。

大病院の抱える整形外科から、リハビリテーションに特化したもの、土曜日の診療に対応したものまで多くのニーズに応えています。